エストニアへの生花の宅急便。当社は、エストニアのタリンと6都市へ生花をお届けします

旧ソビエト連邦の一部であったエストニア(Estonia)は、現在自国でフラワーショーを毎年開催するようになりました。このフラワーショーはその開催期間の長さなど、多くの面でオリジナリティがあります。5月に始まるこのショーは首都タリン(Tallinn)の中世時代から存在するタワーズスクエアを会場とし、国内外から何百人ものデザイナーや庭師が集まり小さなガーデンをそれぞれ設置します。タリンのフラワーフェスティバルは花々が満開となる8月まで続きます。エストニア(Estonia)の国花はブルーのヤグルマギクで、地方では至る所で栽培されています。ヤグルマギク畑の他、エストニアには36種ものランがあります。エストニアの人々は中世時代からの遺産をとても重んじており、花を使用する古くからの慣習が現在も継続しています。白色のエゾギクは恋愛の終わりを優しく告げるために贈られることが多く、また大きなシャクヤクの束は新婚カップルに必ず贈られます。そして誠意や友情の証として紫のヒヤシンスやグラジオラスが多用されています。長くたしなわれる中世文化と花との親密な関係により、エストニアは花と花言葉の重要さを思い出させてくれる国です。

エストニアで人気のブーケ


平和

平和

12本のバラとカスミソウ。

旋律

旋律

24本のバラ。

うわさ好き

うわさ好き

72本のバラ。

陶酔

陶酔

ゆり、バラ、グラジオラス、カーネーションと蘭。

    
気まぐれな美しさ

気まぐれな美しさ

バラとカスミソウ。

成熟した美しさ

成熟した美しさ

バラ。

個性

個性

バラとカスミソウ

しとやかさ

しとやかさ

8本のバラ、ゆりとカスミソウ。

    
疑いのない愛

疑いのない愛

3本のチューリップ、3本バラ、3本のデイジー と蘭。

鋭い視覚

鋭い視覚

24本のバラ。

美しい味

美しい味

バラ、ポンポン菊とカーネーション。

美味

美味

ゆりとバラ。

    
壮大

壮大

ゆりとバラ。

繊細な美しさ

繊細な美しさ

バラとカーネーション。

感謝のしるし

感謝のしるし

ゆり、バラ、ガーベラとカーネーション。

冒険しましょう

冒険しましょう

カーネーション、ポンポン菊 とスターチス。

    

特別価格: 服従

インフォメーション